コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

軋む音と降り積もるその先に

まさかのギアス。(今頃か!的な意味で。)
R1から見返し。困ったことにR2が見返し出来ていません。そんな見切り発車・・・w
ロイルル・ジェレルル・ディールル・藤ルル辺りが大好物ですw

で、初落書きは藤→ルル寄りと相成りました~。
そもそものブログジャンル設定がネトゲなので、日付設定とかいじってこっそりうぷなのですが・・・どこまで気づかれないかしら・・?wと若干不安を覚えつつ。
あまり気づかれない事を祈りつつ・・・w(ちゃれんぢゃー・・w)

===
書き始めた段階では暗ーいはずだったのですが・・・。基本言葉遊びです☆
===記:2010/09/21===
それは確かに
巧妙に 慎重に 密やかに
目に触れぬよう 音に聞こえぬよう
隠され続けてきたもの

目に見える 明らかな秘密へと 耳目を引きつけ
巧妙に隠され続けた 音・・・

綻びは確かにそこここにあり
しかし 脆さを強情に押し隠す そこだけは確かに強靱な意志によって
顕れぬように 圧し止められており・・・


崩壊の 音色は 
終局の 序章は


何時の時も どの瞬間にも 間違いなく見えていたはずなのに・・・



『ゼロ・・・。ルルーシュ君・・・。』


君の望みは。願いは。
初めから何一つ変わる事無く、貫き通した願いは。
数々の道の中から選び取った、選ばざるを得なかった手段によって、一つの方向へと定められたとも言える結末でしか、本当に叶える事は出来なかったのか・・・。

『・・・そこに、君自身を、何故含む事が出来なかったんだ・・・。』

そうさせてしまったのは、その道を選ばせてしまったのは、その明らかに細く華奢な背に、肩に、全てを背負わせてしまっていた大人達なのだと知っていても尚、哀惜を呟きに落とすことしか出来ない結末は、周囲に、世界に、どれ程の歓声を持って迎えられたとしても、それは藤堂には、喜びを以て受け入れられるものでは無かった。

『・・・これは、我々の、・・・いや、私自信が導いた罰なのかもしれないな・・・。』


世界に響きわたる、平和への歓喜の声。
解放の音色。

多くの犠牲の上に立つ、平和への道は、果たして、何をもって正義を唱えるのか。

鳴り止まぬ歓声は、まるで、逃げることを許さず手足を捕らえる断罪の鎖の様で。

『それもまた・・・君が導き、私が選び取る道なのかも知れないな・・・。』

苦く、けれどどこか微かに安堵を含む表情を知らず浮かべる。
守るべき、いや、守りたかった子供は、自らの足で遙か彼方へと歩み去り、尚更に決して届かない場所へと去ってしまった。
けれど、目に見えぬ鎖が、微かな繋がりを残して逝く。
恐らくそれは、自身が取り残された舞台から降りる時まで、消える事の無いもの。
ならば、歩むべき道は一つ。カーテンコールを迎えるその時まで。
幕の降りる音が聞こえるその時まで。

『君に笑われぬよう、前を向いてゆくのみ・・・か。』

生まれたばかりの世界の。開かれたばかりの新しい扉の。
その先に繋がるものがーーー

ーーー優しい世界でありますようにーーー


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

いくつ目の足跡かにゃ?w

無料カウンター
じこしょうかい。

Dallia

Author:Dallia
初めましてm(__)mペコリ
FinalFantasy11の蛇サバ改めケツァ鯖に生息中なネコですw
ぼんにゃりまったりプレイなので、特記事項はあるワケでもなく・・w
日々ひたすらのほ~ん、にゃのです・・w
(・w・)♪

Profile

かてごりー。
最近のつぶやき☆
お客サマからのヒトコト♪
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ねこ時計
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。